ソフトバンクのキャッシュバック

ソフトバンクのキャッシュバックを有効活用

ソフトバンクのキャッシュバックキャンペーン

現在の携帯電話やスマートフォンの契約は二年間の継続使用という条件が盛り込まれており、二年以内に解約してしまうと、約二万円の違約金を支払わなければならない。しかしながら、携帯電話各社は、乗り換えによって利益を上げているので、乗り換えて新規顧客を増やす必要がある。そこで、ほぼどんな時期でもキャッシュバックキャンペーンが行われることになる。乗り換えた際に発生する、他社への違約金と同等の金額を商品券などで返してくれるというものである。実際に、docomoからソフトバンクへ携帯電話を乗り換えた際にも、様々なキャンペーンが適用された。乗り換えて二ヶ月の基本料金が無料だったり、グッズが付いてきたりと、顧客獲得の戦いは激しいようだった。乗り換えた時には、docomoの携帯電話は二年以上使用しており、違約金はかからない状態であったが、それでもキャッシュバックしてくれるので、とても得をしたような気分になったのを覚えている。販売店のスタッフさんも、二年以上使用したら、キャッシュバックなどのキャンペーン中に、他社への乗り換えを行うというのを繰り返すのが最もお得な携帯利用術なんです、と話していた。二年間の継続使用中には、機種代金を割り引くサービスをどこの携帯電話会社も行っているので、機種の値段によっては、そもそも無料というものもある。あとは、毎月の基本料金と通話料の支払いになるが、その部分ではどの携帯電話会社もそれほど大きく変わったりはしない。

木, 5月 9 2013 » カテゴリ1 » No Comments

ソフトバンクが高額のキャッシュバックキャンペーンをする理由

ソフトバンクは携帯電話やスマートフォンの電波のつながりやすさが向上したというようなコマーシャルを大量に流すなど、最近新規顧客の獲得に向けた動きを強めています。そんなキャンペーンの一環として、番号を継続したまま携帯電話会社を乗り換えるというサービスであるMNPに対するキャッシュバックに非常に力を入れ、資金を集中的につぎ込んでいます。具体的には、一契約あたり8万円程度にも上る額をキャッシュバックするような場合もあるのです。ではなぜこのようなキャンペーンを展開しているのでしょうか。月々の通信料のことを考慮してもこの額というのは非常に高額であるのは言うまでもありません。そこにはもちろん、それほどの額を使ってまでキャンペーンを展開するということの価値があるはずなのです。その理由には、ソフトバンクという企業が携帯電話会社として最後発であるために他の携帯電話会社に比べて固定客が少ないという理由があります。通信業では固定費の負担が多いためにお客さんを獲得すればするほど利益が多くなりやすいにもかかわらず比較的お客さんが少ないために、高額のキャッシュバックキャンペーンを展開することでお客さんの確保に動いているのです。つまり、このキャンペーンは決して怪しいものでもないのです。つながりやすさなどソフトバンクの魅力は拡大しており、このキャンペーンを使って携帯電話会社を乗り換えるというのも一つの選択肢ではあるのです。

日, 5月 5 2013 » カテゴリ2 » No Comments

ソフトバンクのキャッシュバックについて

現在ソフトバンクでは、様々なキャンペーンを実施しています。今回は、その内容について紹介したいと思います。まずは、2013年4月までにナンバーポータビリティー制度を用いて、他社からの乗り換えを行った場合、最大で70,000円のキャッシュバックを行っています。(ソフトバンク限定キャッシュバックキャンペーン)この乗り換えを行えば、携帯電話代を差し引いてもお得になります。このキャンペーンはアイフォンにも適用されているため、ソフトバンクから発売されているどの携帯電話に乗り換えをしても問題ありません。現在、他社の携帯電話を使っている人でも安心して乗り換えをすることができます。また、現在ソフトバンクを使っている人に対してもお得なキャンペーンを実施しています。まず一つ目は、新規で契約した場合は、3,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。こちらは、限定100台となっていて、なくなり次第終了となってしまうので新規契約を考えている人は、急ぐ必要があります。二つ目は、機種変更を行った場合です、機種変更した人にも3,000円のキャッシュバックを行っています。このキャンペーンも新規契約同様に、100台限定でなくなり次第終了となっています。その他に行っているものとしては、紹介キャンペーンです。家族や恋人、友達誰でも良いので、紹介を行えば5,000円が戻ってきます。これは何人紹介しても良いので、2人ならば10,000円、3人紹介すれば15,000円戻ってくるようになっています。

木, 5月 2 2013 » カテゴリ3 » No Comments